寝ている女性

池袋風俗事情

セクシーな体の女性

池袋駅には大きく分けて東口、西口、北口の3つの風俗エリアがあります。それぞれ価格帯からサービス内容、女の子の質、ホテルのクオリティなど様々な違いがあります。まず東口ですがホテルの数が少なく値段が高いです。風俗店自体も他のエリアに比べて少ないのが特徴で、池袋風俗の中では質もあまり高くない印象です。
次に西口ですが、エリアの中では一番ホテルが多く、値段も3000円も出せば利用できるところが多いです。また風俗店も多く立ち並び人妻系がおすすめです。筆者も池袋を利用するときはこの西口が一番多いです。
最後に北口ですが、3エリアの中では一番店舗が多くあります。特徴としてビルのフロア毎に店舗が複数店入っており、1階が受付というケースが多いです。
北口のおすすめはヘルスでイメクラなどは質が落ちてきている傾向にあります。また池袋風俗の3エリア全体で規制が厳しくなってきた昨今、客引きは禁止されています。そういった意味からも人通りが多い東口は店舗に入りづらいのが現状です。
次に本番に関してですが、池袋は他の有名風俗街に比べて本番率はさほど高くはありません。もちろん嬢次第ですが、鶯谷などと比べると高くはないのが実情です。これらを踏まえて3エリアを使い分けれるのが池袋風俗の醍醐味と言えます。